1. TOP
  2. 難消化性デキストリンとは?トクホの中でも特に優れた6つの効果

難消化性デキストリンとは?トクホの中でも特に優れた6つの効果

2016/10/02 健康
この記事は約 8 分で読めます。

 

痩せたいという若い人も、会社の健康診断で、血糖値やコレステロールが高いと指摘されてしまった方も、さらに、便秘に悩まされている方も、この全てを解決できる素晴らしい成分があるとしたら、積極的に取り入れたい!と思いませんか?

しかもその成分が、通販でただ宣伝している成分ではなく、なんと、特定保健用食品で認められた、いわゆる、トクホの成分だとしたら、どうですか?

国も認めたその成分は、「難消化性デキストリン」です。

この脂肪も、血糖値も、コレステロールも、そして、便秘も、これら全てのの体の悩みを解決してくれる素晴らしい成分、難消化性デキストリンについてご紹介します。

そもそも難消化性デキストリンって何?

難消化性デキストリンとは、なかなか食物繊維の摂取量が増えないために開発された、食物繊維と同じ、それ以上の働きのある成分です。

デキストリンとは、デンプンの一種で、難消化性デキストリンというのは、つまり、消化が難しい、デキストリンということになります。

とうもろこしから、抽出されたデンプンで、さらにその抽出されたデンプンから、消化が難しい水溶性の食物繊維を取り出します。これが、難消化性デキストリンというわけです。

日本人はかつて、食物繊維不足ということはなかったのですが、食生活の欧米化に伴い、年々、食物繊維不足が深刻化しています。特に女性のなんと半分以上が便秘に悩まされています。さらに死亡率第一位の癌でも、腸に関係する、女性では死亡率別癌の種類では、大腸がん常に上位にランキングされています。

そんな食物繊維不足を解消するために、研究、開発されたのが「難消化性デキストリン」というわけです。

この難消化性デキストリンは、甘味も低く、耐熱性もあり、さらに耐酸性もある、優れた食品の素材です。

この優れた食品の素材として、難消化デキストリンは様々なところに応用されています。

 

難消化デキストリンの優れた効果!

①血糖値を下げる!

難消化デキストリンには、なんと、血糖値を下げる効果があります。

よく、テレビのコマーシャルでも、食事は脂肪と糖でできている!なんて宣伝されていますが、食事から摂取される、糖の吸収をおだやかにしてくれるのが、この難消化デキストリンです。

食事の糖は、炭水化物、つまりご飯やパンから作られます。炭水化物は、体の中で、ブドウ糖という、糖質に変化します。そして、小腸で吸収され、肝臓へと運ばれていきます。

この小腸での吸収を難消化性デキストリンが抑え、糖の吸収速度をゆっくりにしていることが研究にて証明されています。

難消化性デキストリンは、この糖の分解を抑えることで、食後の急激な血糖値の上昇を抑えてくれます。

急激な血糖値の上昇は肝臓のインスリン分泌に負担をかけ、それを繰り返すことで、糖尿病へとつながります。糖尿病は生活習慣病であり、糖尿病が重症化すれば、失明、腎臓透析などに陥ります。そんなおそろしい糖尿病を予防するのに、難消化性デキストリンは、効果があります。ですので、血糖値が高いと指摘された方は糖尿病予防のためにも、難消化性デキストリンは、ぜひ積極的に取り入れたい食品の素材ということです。

難消化性デキストリンの優れた効果!

②脂肪を減らす!

難消化性デキストリンには、なんと脂肪を減らす効果も認められています。

難消化性デキストリンを含む、飲料をBMI23以上の成人男性に摂取させた試験では、なんと難消化性デキストリンを摂取していた男性と、摂取していない男性では、難消化性デキストリンを摂取していた男性群は、内臓脂肪および中性脂肪の有意な低下が確認されています

これは、難消化性デキストリンは、腸に届いて、腸内で脂肪の吸収を抑えるからです。食事は脂肪と糖分でできていますから、この食事から取り入れてしまう、余分な脂肪の吸収を難消化性デキストリンが抑えてくれます

食事でついつい脂っぽいを食べ過ぎてしまうかたにはオススメの成分、それな難消化性デキストリンです。

まだまだある!難消化性デキストリンの優れた効果!

③整腸作用

難消化性デキストリンには、腸の働きを整える働き、整腸作用があります

難消化性デキストリンには、水を蓄えるという性質があります。水分を保つことができるので、便を柔らかくさせる効果があります。そして、便の量を増やして、便が腸内にとどまる時間を短くします。つまり、便が腸内で悪玉菌によって腐敗され、有害な成分を発生させないようにしてくれます。体の不調は腸内の内容物が長期間とどまり、腐って、腐敗物質が作られ、その腐敗物質が再吸収されてしまうことにあります。

そんな有害な物質の再吸収を抑え、排出してくれる効果が難消化性デキストリンにはあります。さらに、難消化性デキストリンは、便に含まれた余分な水分を吸収してくれる役割もあります。難消化性デキストリンは、したがって、下痢を改善する効果もあります。

お腹のありとあらゆるトラブルも難消化性デキストリンは解決してくれる効果があります。また、難消化性デキストリンは、食物繊維と同じ働きをしますので、腸内環境を整える働きもあります。

腸内環境を整えることで、免疫機能を活性化させたり、美肌に導いてくれたりします。

ですので、お腹の調子を整えて、免疫を活性化させたり、美肌になりたいのであれば、難消化性デキストリンはおすすめの成分ということです。

難消化性デキストリンのすごい効果!

④便秘改善作用!

難消化性デキストリンには、便秘を改善させる効果があります。

難消化性デキストリンは、食物繊維のなかでも、水溶性食物繊維とよばれる種類の食物繊維になります。

食物繊維は、二つの種類があり、不溶性食物繊維と、水溶性食物繊維があります。

「不溶性食物繊維」は、腸内で便の大きさを数十倍の大きさにして、便を増やし、腸の運動を活発化させて、便通を改善します。

一方、水溶性食物繊維というのは、水に溶ける食物繊維であるため、便を柔らかくさせる効果があります。

ですが、一般的な食事では圧倒的に不溶性食物繊維が多くなり、便が大きくなりすぎて、水分が減少し、固い便となり、排出するのが難しくなり、便秘を引き起こしてしまいます。

ですから、便秘を改善するには、水溶性食物繊維を積極的に摂取することが大切です。この水溶性食物繊維が難消化性デキストリンというわけです。

難消化性デキストリンは水溶性食物繊維ですので、適量を摂取することによって、不溶性食物繊維とのバランスを整え、便秘を改善していきます。

便秘に悩まされている女性には特に積極的に取り入れてほしい成分です。

難消化性デキストリンの優れた効果!

⑤コレステロールを下げる!

難消化性デキストリンには、コレステロールを下げる働きがあります。

コレステロールが増加すると、血管の壁にコレステロールが付着して、血管が細くつまりやすくなります。そして、その血管が脳や心臓において重要な血管であれば、脳梗塞や心筋梗塞を引き起こしてしまいます。突然死として心筋梗塞や脳梗塞は有名であり、コレステロール値の上昇はこれらの突然死のリスクを上昇させます。このコレステロール値を難消化性デキストリンは下げてくれます。

難消化性デキストリンは、食物繊維の種類の中でも、水溶性食物繊維という種類であることは前述しましたが、この水溶性食物繊維は、コレステロールにを下げる効果があります。

水溶性食物繊維には余分なコレステロールをくっつける、吸着させる効果があります。そして、便として一緒に排出してくれます。

腸内から血液に吸収されてしまう前に便としてコレステロールが排出されるので、血液中のコレステロールを下げてくれます。

健康診断でコレステロール値が高いと診断されているかたには、この難消化性デキストリンはおすすめです。


難消化性デキストリンの優れた効果!

⑥ミネラル吸収促進作用

難消化性デキストリンには、ミネラルの吸収を促進させる効果があります。

難消化性デキストリンはカルシウム、マグネシウム、鉄分、亜鉛の吸収を促進してくれます。

臨床試験でも、血液中の鉄分が不足している女子大生に、難消化性デキストリン15gを4週間摂取したところ、血清鉄の値が上昇し、改善したことがわかっています。

女性の場合は、生理などによって、血液中の鉄分が不足している、貧血の方が圧倒的に多いです。さらに鉄分不足で問題なのは、妊娠中や妊娠を望んでいる女性です。血液は鉄分がないと十分な働きができないため、妊娠を望んでいる方は鉄分不足を補わないと、赤ちゃんがしっかりとお腹で育つ環境ができていないため、妊娠率が低くなってしまう恐れがあります。また、妊娠してからは、お母さんの血液が胎盤を通して赤ちゃんに栄養が届けられますが、鉄分が不足していると、赤ちゃんに十分な栄養を届けることができません。

鉄分は、吸収が難しいミネラルでもあるので、難消化性デキストリンを一緒に食べることで、鉄分が効率的に体に吸収されます。

ミネラル不足でミネラルを積極的に摂取しているつもりでも、ミネラルが体に十分に吸収されていないことはよくあります。ですので、ミネラルを摂取するときは、一緒に難消化性デキストリンも摂取しましょう。


難消化性デキストリンにはたくさんの優れた効果があります。ぜひ、便秘やミネラル不足に悩んでいたり、脂肪やコレステロールが気になるのであれば、ぜひ、難消化性デキストリンが含まれているトクホの健康食品を積極的に食べて、体の悩みをいっきに解決しましょう。

\ SNSでシェアしよう! /

注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介

編集長

編集長

この人が書いた記事

  • 乳酸菌入りお菓子まとめ|乳酸菌ショコラ・ビフィズス菌チョコ最新情報♪

  • 4月22日(土)『関ジャニ∞のジャニ勉』(フジテレビ)腸もみマッサージまとめ

  • 市販のヨーグルトおすすめは?R-1、ビヒダス、LG21など徹底解説!

  • 森永乳業ビヒタスBB536の乳酸菌サプリメント|口コミレビュ―紹介します!

関連記事

  • トイレ後の匂いが気になる方必見。大便・うんこが臭い原因とその改善方法

  • 認知症と腸内環境の意外な関係とは???

  • 青汁が腸にいい理由とは??青汁の効果

  • 歯周病は腸内細菌バランスを崩して腸内環境を悪化させる!?

  • フルーツ青汁の特徴とおすすめ青汁3選

  • 腸の老化で出てくる症状5選!いつまでも健康に美しく過ごすには。