1. TOP
  2. 絶対にやってはいけないコーヒー浣腸(コーヒーエネマ)で腸内清掃

絶対にやってはいけないコーヒー浣腸(コーヒーエネマ)で腸内清掃

2016/08/20 健康 知識
この記事は約 8 分で読めます。
67d4093c742d4709e6d6eb5f262876fe_m

以前、テレビの報道でコーヒー浣腸が話題になっていました。コーヒー浣腸は、腸の毒素を排出してくれるので健康にいい!といううわさがありますが、実際はどうなのでしょうか。

コーヒー浣腸とはそもそも何なのか、本当に健康に効果があるのか、それとも危険なのか、コーヒー浣腸の本当のところをご紹介します。

 

そもそもコーヒー浣腸とは???

 

 

コーヒー浣腸は1917年に考案されたものだとされています。1900年代前半にドイツの科学者が胆管と小腸へのカフェインへの影響を調べ、コーヒー浣腸というものが作られたとされています。その際にコーヒー浣腸は胃腸にいい影響があるのではないか、また結核にもいい影響があるのではないかと言われていました。さらに、がんにも効果が期待できるのではないかと言われました。

本来は浣腸というものは便秘に対して、生理食塩水を用いて行われるのが一般的でしたが、このコーヒー浣腸はカフェインが腸を刺激して、普通の浣腸よりも、消化管をきれいにするのではないかと思われていました。さらにカフェインが腸の平滑筋から吸収されて、肝臓にカフェインが浸透して、カフェインが胆汁の毒素を取り除いてくれると主張していました。

ですが、残念ながらコーヒー浣腸ががんに効果がある!ということは確認されていません。肥満解消や便秘の解消が期待できると、インターネット通販上に掲載されていることもあるようですが、その事実も医学的に証明されていません

ただ、コーヒー浣腸は体にいいと信じている人もいまだにおり、腸からカフェインが吸収されることによって、ガンなどの腫瘍や、毒素を排出してくれる、カフェインが片頭痛を改善してくれると主張している方も実際にはいるそうです。

しかし、何度もいうように、コーヒー浣腸による健康効果は医学的に認められていません。

 

コーヒー浣腸は危険!!!

f31e5eaab6bad37b811701a79a970d1e_m

 

健康に効果がないといっても、口コミでは効果があったという声もあります。だから大丈夫ではないの?と思われる方がいますが、コーヒー浣腸は健康に害を及ぼす可能性があります

コーヒー浣腸をやりすぎて、体の電解質に異常が生じて、中毒を起こして入院が必要になってしまったという事故も起こっています。さらに電解質異常だけではありません。

コーヒー浣腸のやりすぎ、使いまわしによって直腸の粘膜を傷つけて感染し、敗血症といって重度の感染症にかかってしまった事例もあります。感染症にかかると、大腸炎、さらに進行して、胃腸炎を発症し、さらに命の危険を冒す、心不全にまで陥って、死亡したケースも海外では確認されています

さらにコーヒー浣腸をするときに急速にコーヒーを注入したり、熱いコーヒーを入れてしまったことで、腸に穴が開く直腸穿孔、腸内のやけどが起こる可能性も非常に高いです。そうなってしまうと手術が必要なこともあります。

したがって、市販のコーヒー浣腸はすべて自己責任で行うように、販売元は責任をとらない形で売っています。つまり、あまり信用がない商品ということになります。

 

コーヒー浣腸は医療行為ではない!!!

d55d3fe2ed2d5c7e581b53a62612c52f_m

 

コーヒー浣腸はあくでも医療行為ではありません。医療行為で行う浣腸というには安全性が確認された濃度で医師の管理下の元で行われます。

医療行為は、しっかりと滅菌された、感染のリスクを抑えた機材を使って行われます。浣腸液を注入する道具も滅菌されていますし、看護師や医師も清潔な手袋等を身につけて、浣腸を行います。もちろん使用される浣腸液も医学的に安全であると証明されている濃度の範囲のものが使用されています。

ですが、コーヒー浣腸は違います。

コーヒー自体は飲んで問題はありませんが、腸に注入するとなると、話は別です。

本来食べ物や飲み物というのは口で咀嚼によってかみ砕かれ、唾液の消化酵素によって分解され、そして、胃に運ばれます。胃液によってさらに消化されて食べ物や飲み物は、小腸に運ばれても負担が少ない状態になります。そして小腸で、すい臓からの消化液や肝臓からの消化液である胆汁によって体が吸収しやすい状態へとさらに変化します。そして大腸にて水分を吸収され、吸収の必要がないものが便として排出されます。

ですが、コーヒーは消化されていない状態でいきなり大腸に注入されてしまうと、腸への負担は非常に大きく体に支障をきたしてしまうのです。

 

コーヒー浣腸を絶対にやってはいけない理由

e8514e4274db2644098f7a7343d9aa2f_m

 

コーヒー浣腸は絶対にやってはいけないです。その理由は「医療行為ではない」からです

コーヒー浣腸は医療行為に非常に近い行為であるのも関わらず、安全性が確立されていません。浣腸に使用される浣腸液は何度も検査を繰り返して、腸に入れても問題がないことをしっかりと証明されています。さらに危険がでないための使用方法や濃度もしっかりと確立されています。

しかし、コーヒー浣腸はそういった安全性がまったく証明されておらず、一部の口コミしかありません。しかも口コミはインターネット上のものであり、本当かどうか証明できる手段がありません。

つまり、絶対に安全であるといえないため、非常に危険だといえるということです。

だから、コーヒー浣腸は絶対にやってはいけません。

確かに自己責任で行うのは個人の自由ですが、コーヒー浣腸を行うことによって、電解質異常や感染症などを引き起こし、健康を害するばかりか、結局、病院のお世話になってしまう結果になれば、とても迷惑といえます。

ですから、人様に迷惑をかけないためにもコーヒー浣腸を行うことはおすすめできません。

 

腸内をすっきりさせたいなら専門の医療機関へ

b24ad6f6e521b030d26cf6bc127c9096_m

 

ただ、重度の便秘に悩まされていて、辛い思いをされている方がいるのも事実です。そいった不安に付け込んで、コーヒー浣腸を宣伝している販売業者がたくさんあるのです。ですが、そういった業者は健康のために商品を販売しているのではなく、あくまでも、便秘に対する不安によって利益を得ているだけです。

ですから、そういったコーヒー浣腸を利用するのではなく、腸内デトックスを行っている専門の医療機関を受診することをおすすめします。

腸内洗浄を受けるのは、専門の医療機関を受診しましょう。最近では専門のクリニックもあります。

医師の指導のもと正しい薬剤と衛生面のいきとどいた器具、場所で行うことで、腸内洗浄は効果を発揮します。腸内洗浄を専門の医療機関で行った方は安全に、スッキリします。しっかりと腸の仕組みをわかっている先生の管理の下で行う腸内洗浄は非常に安全性が高く、常習性の心配もありません。また、便秘の原因をしっかりと指導してくれるので、快適な生活を送ることができます。腸内洗浄はあくまでも、専門の医療機関で行ってもらい、自己流ですることは決してないようにしましょう。

 

腸内洗浄よりも大切なこと

03ef857d85e3cae9eae3401bd3469d34_m

 

腸内洗浄についてご紹介してきましたが、腸内洗浄よりも大切なことがあります。それは、生活習慣の改善です。便秘は普段の食生活や、ストレス、運動などさまざまなことが原因で引き起こされます。

ですが、正しい食事、特に積極的に善玉菌を摂取することによって、腸内細菌は変化していきます。腸内フローラというのは、一生同じではありません。年齢とともに、変化していきます。そして、体調があまりよくない方の腸内フローラは、善玉菌が少なく、バランスが悪くなっています。腸内フローラは毎日の食生活や生活習慣を変えていけば、確実に変わっていきます。もちをん、一日で劇的に変化するということはありませんが、毎日の生活を見直していけば、少しずつですが腸内フローラは変化していってくれます。そういった努力も腸内をきれいにする、デトックスには必要なことです。

関連:健康・美容のために必ず知っておくべき「腸内フローラ」入門

 

腸内洗浄は確かに楽に便を排出できるので、いいかもしれませんが、腸内を変えるきっかけでなくてはいけません。腸内洗浄がなくては排便ができないという事態は避けなくてはいけません。あくまでも腸内洗浄をして、正しい生活習慣を身につけ、腸内フローラを変えていくことが、一番大切なことです。

 

便秘を解消するおすすめの方法は???

ebbf820d0d8d270e42a46be9fae08267_m

 

コーヒー浣腸を行う理由は便秘を解消し、腸をキレイにしてデトックスをしたいということです。では、便秘を解消し、腸内をきれいにして、デトックスするためのおすすめの方法があります。コーヒー浣腸よりも安全で、多くの医師が指示している方法があります。

それは腸活です

もちろん、腸活といっても様々なものがあります。特におすすめの方法は「発酵食品を摂取する」ということです

関連:腸内環境を整える!腸に良い食べ物13選!

 

現代人の半数以上が便秘や下痢といった腸に関するトラブルを抱えています。そんな腸のトラブルは年々増加しています。これは現代人の食生活の変化にあるともいえます。

かつては、納豆に味噌に発酵食品を毎日摂取していたのに、現代では、発酵食品を毎日摂取するという人は減少しています。ですから、毎日の食事に発酵食品を取り入れることをするだけで、便秘などの腸のトラブルを解決に導き、腸をデトックスすることにつながります

また適度な運動をすることで腸を刺激し、排便を促すことができます。

ぜひ腸活をやって、腸をデトックスしましょう。

 

まとめ

  • コーヒー浣腸は健康に効果があるといっているが、民間療法で健康への効果は証明されていない
  • コーヒー浣腸は医療行為に似ているが、医療行為とは似て非なるものです
  • コーヒー浣腸は海外では死亡例も報告されている、非常に危険な行為
  • 腸をデトックスしたいのであれば、専門の医療機関を受診するのがおすすめ
  • コーヒー浣腸よりも大切なことは日頃の生活習慣を見直し、腸活をして腸内環境を改善することが重要

ぜひ、コーヒー浣腸という安全が確立されていない行為を選ぶのではなく、日々の生活習慣を見直して、腸内環境を改善し、腸をデトックスして、健康な毎日を送りましょう。

\ SNSでシェアしよう! /

注目記事を受け取ろう

67d4093c742d4709e6d6eb5f262876fe_m

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介

編集長

編集長

この人が書いた記事

  • chou (7)

    新発想!腸に注目した最新の妊活用善玉菌育菌サプリ スルーラがすごい!

  • 腸内環境と不妊症の関係とは?妊娠しやすい体を作る腸活入門

  • food (9)

    酵素ドリンクが腸にいい5つの理由

  • NO IMAGE

    ケフィアとは?ヨーグルトとは違うの??

関連記事

  • chou (12)

    自閉症には腸内細菌が深く関係していた!!?

  • fukutsu (3)

    からだに無用なものはない!!?盲腸の知られざる秘密とは??

  • chou (17)

    おならが臭すぎる!!これって病気?おならと腸内細菌の関係

  • 乳酸菌の基礎知識と腸内環境を改善する役割まとめ

  • ha (12)

    歯周病は腸内細菌バランスを崩して腸内環境を悪化させる!?

  • 難消化性デキストリンの副作用、危険性は?正しい飲み方と摂取量を守ろう!