1. TOP
  2. 「プロバイオティクス」と「プレバイオティクス」とは?

「プロバイオティクス」と「プレバイオティクス」とは?

190182

腸からの健康を考えているときに目にする言葉にプロバイオティクスという言葉と、プレバイオティクスという言葉があります。2つの言葉はとてもよく似ていて意味がよく分からないという人が多いのではないでしょうか。

そんな腸の健康に関するプロバイオティクスとプレバイオティクスについて、しっかりと説明していきましょう。

 

プロバイオティクスとは??

chou (8)

 

「腸内フローラ(腸内菌叢)のバランスを改善することにより人に有益な作用をもたらす生きた微生物」(英国の微生物学者Fullerによる1989年の定義)のことです。ちょっと難しい表現ですが、 つまり、お腹の腸内フローラのバランスを整え、腸内の異常状態を改善し、健康に良い影響を与えてくれる腸内に住み着いている微生物のことを意味します。一言でいえば、善玉菌のことです。 また、その微生物を含む食品自体(ヨーグルトや乳酸菌飲料などの発酵食品)をプロバイオティクスと呼ぶこともあります。

腸内フローラとは、腸内細菌の生態系のことを意味します

腸内フローラとは「お花畑」に近い意味合いを持ちます。

私たち人間の腸の中には、たくさんの細菌が住み着いています。たくさんといっても具体的にはどのくらいの細菌が腸の中に住み着いているのでしょうか。その数はなんと100兆以上といわれています。全くわけのわからない数の細菌が私たちの腸内には住み着いているということです。

私たちの地球には70億人の人間が住んでいるわけですから、その1万倍以上もの細菌たちが、私たち一人ひとりのお腹の中に暮らしているのです。

また、人間がもっている遺伝子の数は2万数千個と言われています。腸内の細菌がもっている遺伝子はその100倍にもなることがわかっています。

このように私たちの腸内にはたくさんの細菌が住み着いているわけですが、こうした腸内細菌は、私たち人間が食べたご飯をエサにして、生活しています。

腸内細菌は互いにこのエサを競いあい、助け合いながら、生きています。相互協力とも言いますがこのような細菌たちの関係を「生態系」と呼びます。腸内細菌は生態系をつくって、生活しています。

そう、この腸内細菌の生態系のことを「腸内フローラ」と呼びます

この生態系、腸内フローラがバランスをとって、善玉菌優位の環境であれば、私たち人間にとっていい影響を与えてくれるわけですから、プロバイオティクスと呼ぶのです。

腸内細菌のバランスを保ち、腸内環境を整えるのには、プロバイオティクスを摂取することが有効です。 プロバイオティクスとしてもっとも代表的なものが、ヨーグルトに含まれるビフィズス菌などの乳酸菌です。 ただし、すべての乳酸菌がプロバイオティクスといえるわけではありません。

 

プロバイオティクスにとって大切な善玉菌とは??

yoguruto (4)

善玉菌を積極的に摂取した方がいいというのはテレビコマーシャルでもよく目にします。メディアでもよく取り上げられていますから、なんとなく、善玉菌は体にとっていい菌なのでは?というイメージはあるかと思います。では具体的に善玉菌とはなんなのでしょうか。

善玉菌とは、私たちの腸内に生息している細菌の中でも、健康維持に貢献してくれる細菌のことを指します。つまり、体にとって有益な菌はなんでも善玉菌と呼びます

人間が生まれてから今の今まで、腸内にはずっと細菌が住み続けています。決して排除してきてはいません。

これは、腸内細菌が、私たち人間にとって、重要な役割を担ってきたという証です。腸内細菌は多種多様な物質を作り出して、私たちの体に貢献しています。それは体の酵素では作ることができないビタミンであったり、ダイエットに必要な脂肪燃焼効果のある物質であったりします。

さらに他の日和見菌、悪玉菌に影響を及ぼしていますし、体の代謝にも大きく影響しています。

関連:腸内細菌まとめ|善玉菌、悪玉菌、日和見菌がわかる菌活入門!

 

プロバイオティクスにとって悪影響を及ぼす悪玉菌とは??

chou (15)

 

悪玉菌とは、善玉菌とは全く逆の働きをするもの、つまり、体にとって有害な働きをする腸内細菌のことを「悪玉菌」と呼びます。腸内環境を悪化させる菌の総称であり、代表的なものでは大腸菌、ウェルシュ菌、ブドウ球菌、腸球菌、連鎖球菌などがあります。これらの悪玉菌が異常繁殖することによって、腸内環境はたちまちに悪化します。腸内の内容物を腐敗させ、硫化水素やアンモニアなど、腐敗物質とよばれる物質を作ります

そして、ガスや悪臭のもと、つまりは臭いおならを作り出すわけです。

臭いおならやうんちは大腸菌が腸内で異常繁殖している証拠となります。この有害物質が腸から体に入り込んだらどうなるでしょうか。たちまち、細胞のがん化や老化を引き起こす原因となります。

また悪玉菌の中には微弱ながらも、病原性、いわゆる下痢などの症状を引き起こすものもあるので、注意が必要です。

ただし、腸内フローラから悪玉菌を完全に排除してしまうと、善玉菌は活発化せず、さぼってしまうので、悪玉菌は勢力を抑えられつつ、適度に存在していることが、プロバイオティクスにとっては必要な条件となります。悪玉菌ゼロというのが、プロバイオティクスの条件ではありません。

 

プロバイオティクスにとって実は大きな役割を果たしているのが日和見菌だった!!!

 

さて、ここまで、善玉菌と悪玉菌の働きを説明してきました。善玉菌について調べてみると、悪玉菌のことばかり書かれていて、日和見菌について全く情報がないインターネットサイトもあります。多くのメディアでも、善玉菌は圧倒的な悪者で、善玉菌がとっても健康にいいアピールばかりで、日和見菌についてはあまり、メディアでも注目されていません。悪玉菌でも善玉菌でもない「日和見菌」はどんな働きがあるのでしょうか。

最近の研究で「日和見菌」も腸内で重要な働きをしていることが判明してきました。

腸内には、遺伝子解析された腸内細菌が3万種、1000兆個の菌が存在していますが、この遺伝子解析によって発見されたほとんどの菌は「日和見菌」だとされています。

腸内にいる菌の種類はおもに、「フィラミクテス門」、「バクテロイデス門」、「アクチノバクテリア門」、「プロテオバクテリア門」の4つに分類できます。このうちフィラミクテス門とバクテロイデス門が日和見菌で、プロテオバクテリア門が悪玉菌、善玉菌はアクチノバクテリア門であり、なんと善玉菌は腸内フローラのわずか10%にも満たない存在です。

では多くの割合をしめる日和見菌はいったい腸内でどんな働きをしているのでしょうか。

日和見菌の働きとは腸内環境が善玉菌優位であるときは善玉菌に加担し、悪玉菌優位のときは、悪玉菌に加担するという役割をもっています。そんなどっちつかずの菌が腸内細菌の環境の大半をしめています

多くの人が、善玉菌と悪玉菌が争って、善玉菌が多いほど腸内環境はよくなる!と思っていたかもしれませんが、実は「日和見菌」こそ、腸内の最大勢力であり、日和見菌をどのように働かせるかが腸内環境を改善する重要なポイントなのです。善玉菌優位となると、この日和見菌は善玉菌に加勢し、有益な物質を分泌、生成します。逆に悪玉菌優位であれば、一緒に有害なガスを発生させたりします。そのため、プロバイオティクスの条件としては、善玉菌優位な状況で、日和見菌が善玉菌をサポートしているということが重要です

 

プロバイオティクスの条件とは??

shutterstock_143933554

 

プロバイオティクス、つまり、腸内フローラが私たち人間にとって有益な物質を生産してくれるようになるためにはいくつかの条件があります。その条件をいかにまとめましょう。

 

~プロバイオティクスの条件~

  • 私たち人間にとって害がないこと
  • 私たち人間の腸内フローラのもともと一員であること
  • 腸でしっかりと増殖し、活発に活動できること
  • 私たち人間にとって有益な物質を産生すること
  • 食品などの形態の形をとり、摂取しやすいこと
  • 簡単に取り扱えること

以上のような条件を満たす菌種だけがプロバイオティクスと認められています。 また、ぬか漬け、納豆、味噌なども植物性乳酸菌といい、酸に強く腸まで届くプロバイオティクス食品です。 プロバイオティクスの名前の由来 プロバイオティクス(probiotics)は、生物同士の共生を意味する「プロバイオシス」を語源としています。 プロバイオティクス(probiotics)は、アンチバイオティクス=抗生物質(antibiotics)に対比される考えとして生まれました。 これは、アンチバイオティクスが「病気になってから細菌(善玉菌も含む)を退治する」という治療方法であるのに対して、プロバイオティクスは「あらかじめ体に良い菌を積極的に増やして健康になる』という予防的な考えから生まれた言葉です。

 

プロバイオティクスの効果的摂取方法

84d4c31043840fc7e16419b7d9d9eea6_m

 

よくプロバイオティクスというと、ヨーグルトが真っ先に思い浮かぶかと思いますが、日本人の腸内環境を考えると、ぬか漬けや納豆、味噌といった発酵食品がおすすめです。ヨーグルトに含まれるプロバイオティクスは、種類が少ないため、腸内に定着しない可能性があります。ですが、ぬか漬けや味噌、納豆に含まれるプロバイオティクスは、その種類が豊富で、しかも古来から日本人が食べてきた食べ物であり、菌が腸内に定着しやすいという特徴があります。ですので、日本人にとって定着しやすいプロバイオティクスは、日本古来よりある発酵食品なのです

 

プレバイオティクスとは???

baf5950464f7f29ef87605dc1a67375e_m

プロバイオティクスの働きを助ける物質のことで、以下のような性質を持ちます。

  • 胃で分解・吸収されない
  • 腸内のプロバイオティクスのエサになり、善玉菌だけを増やす(悪玉菌は増やさない)
  • 腸内環境を整え、人の健康の増進維持に役立つ



腸内で消化されにくい、オリゴ糖類や食物繊維などがその代表的なものです。 つまり、プロバイオティクスとプレバイオティクスは、同時に取ると非常に効果的です。 このように、プロバイオティクスとプレバイオティクスを一緒に取ること、またはその両方を含む食品や製剤などを「シンバイオティクス(synbiotics)」と呼んでいます。

 

 

プロバイオティクスとプレバイオティクスについて理解していただけたでしょうか。

ぜひ、腸内環境を改善するプロバイオティクスとそれをサポートする、プレバイオティクスを積極的に摂取しましょう。

\ SNSでシェアしよう! /

注目記事を受け取ろう

190182

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介

編集長

編集長

この人が書いた記事

  • chou (7)

    新発想!腸に注目した最新の妊活用善玉菌育菌サプリ スルーラがすごい!

  • 腸内環境と不妊症の関係とは?妊娠しやすい体を作る腸活入門

  • food (9)

    酵素ドリンクが腸にいい5つの理由

  • NO IMAGE

    ケフィアとは?ヨーグルトとは違うの??

関連記事

  • chou (12)

    自閉症には腸内細菌が深く関係していた!!?

  • 68d446fdc05b3bfd568c897bc8df518b_m

    宿便とは??宿便の出し方と基礎知識

  • 乳酸菌の基礎知識と腸内環境を改善する役割まとめ

  • 難消化性デキストリンの副作用、危険性は?正しい飲み方と摂取量を守ろう!

  • 14232985_1137674069656734_8916385242173059822_n

    【ポイントまとめ】9/6フジテレビ・腸を知って身体のお悩み解決SPのまとめ

  • 299f877640d837fbdf630f0c85f5fca7_m

    腸内細菌まとめ|善玉菌、悪玉菌、日和見菌がわかる菌活入門!