1. TOP
  2. 腸内環境を悪化させる食べ物まとめ

腸内環境を悪化させる食べ物まとめ

2016/06/05 知識
この記事は約 8 分で読めます。
398221

腸内環境ができれば良好な方が健康にとっていいような気がしますが、腸内環境が悪化してしまうと、様々な体調不良がおきてきます。そんな腸内環境を悪化させてしまう主な原因は「乱れた食生活」です。そんな腸内環境を悪化させる食べ物についてまとめました。

 

 

そもそも腸内環境が悪化するということはどういうこと??

190187

 

腸内環境が悪化するということは、異常に悪玉菌が増殖してしまうことです。悪玉菌が異常に増殖してしまうと、腸内にある内容物を腐らせてしまいます。この腸内で内容物が腐って、腸内が汚れる事を「腸内腐敗」と呼びます。腸内にはどんどん消化しきれないものが溜まり、悪玉菌が有害物を産生することで腸内が腐敗していきます。そして、腸内には有害なガスで満たされ、排出できない分は腸内の毛細血管を通じて体内へ吸収されていきます。そして腸内環境が悪化すると、免疫力の低下や、食べても排出できないため内臓の負担が大きくなります。さらには、善玉菌が減少し、働かなくなるんため、アレルギー体質にもなりやすくなります。

腸と脳は迷走神経という神経でつながっているので、腸がつかれると、脳の疲労にも直結します。さらに有害なガスが体内に吸収されてしまうと、細胞を酸化させ、肌荒れの原因ともなります。さらに、疲労の蓄積が進みやすい、脂肪を燃焼させる物質を作る善玉菌がいなくなるので、新陳代謝が悪化します。そして、太りやすい体質になってしまうというかなりの悪循環になってしまいます。

つまり、腸内環境が悪化すると、有害物が次々と生成されてしまい、血液やリンパ管に送り込まれてしまうのです。血液やリンパ液が汚れることは、腸内環境の悪化から内臓環境の悪化に繋がります 有害物質があれば肝臓で分解・解毒が行われ腎臓へ送られます。しかし血液中に有害物質が多いと、それだけ肝臓の仕事が多くなり肝臓にかかる負担が大きくなります。 その結果、肝臓や腎臓は病気になったり機能不全を起こしたりします。心臓も肺も負担がかかり、内臓全体が弱っていくことになります。 

さらに血液がドロドロになると、細胞が老化することになります。つまりその人の老化そのものを早めることになるのです。また、ドロドロ血液は血管に負荷をかけるので、動脈硬化の原因にも繋がるのです

便秘気味でちょっと腸内環境が悪化しているかもと思っていたらかなり深刻な状態になっている可能性もあります。便が1週間もでていない人は特に腸内環境が悪化している可能性が非常に高いので注意が必要です。

 

 

悪玉菌とは??

190175

 

では腸内環境を悪化させてしまう、悪玉菌とはいったいなんなのでしょうか。悪玉菌とは反対に位置するのが、善玉菌です。善玉菌は文字の通り、私たち人間にとって有益なことをしてくれる菌の総称のことを意味します。一方、悪玉菌はその逆で、私たち人間にとって有害な作用をもつ菌のことです。

つまり、悪玉菌は人体に悪い影響を与えてしまう腸内細菌の総称です。悪玉菌の中には、発がん性物質や腸内に炎症を起こす物質を生成したり、ガスを発生させたりするものがいます

多くの人が一度は耳にしたことがある、代表的な悪玉菌としては、大腸菌、ウェルシュ菌、ブドウ球菌などがあります。こういった悪玉菌が人体に有害な物質を作ったり、アンモニアや硫化水素といった有害なガスを発生させます。悪玉菌はこのように体にとって有害なものを作ることで、腸内で異常繁殖します。悪玉菌が腸内で異常繁殖してしまうと、腸の働きが鈍り、便秘、下痢、肌荒れなどを引き起こすほか、アレルギーや大腸がんなど様々な健康リスクが高まります。

しかし、悪玉菌はここまでだと非常に悪者のような気がしますが、善玉菌優位の腸内環境では、大腸菌は食中毒を引き起こすO-157といった菌をやっつけてくれる働きがあるので、100%悪者というわけではありません。悪玉菌は異常繁殖してしまうと問題なだけであり、善玉菌優位な良好な腸内環境では、私たち人間にとって有益な働きをすることもあるのです。つまり、悪玉菌を異常繁殖させてしまった私たち人間が悪いのです。

 

 

腸内環境を悪化させる食べ物は悪玉菌の大好物!!

015145

 

では腸内環境はどうして悪化してしまうのでしょうか。様々な原因がありますが、腸内環境の悪化には睡眠不足やストレスなどもありますが、一番の原因はやはり、食生活にあります。そんな腸内環境を悪化させてしまう食べ物を以下にまとめます。

 

 

・砂糖

とくに砂糖を多く含むチョコレートなどの甘いものは注意が必要です。というのも、悪玉菌は砂糖を好んでエサにしています。悪玉菌のエサとなる砂糖を多く含む食品を摂取することで、悪玉菌にエサを与えていることとなり、悪玉菌が異常増殖してしまいます。

 

・肉類

そもそも日本人は戦後になって肉類を食べるようになったため、肉類を消化するには、日本人の腸には負担が大きいと考えられています。まだ肉を食べ始めてからの歴史が非常に浅いため、肉類は腸への負担がとても大きく、腸内環境を悪化させてしまいます。ある程度、動物性たんぱくは必要ですが、実は日本人は1週間に1度程度の摂取でいいとされています。ですが、現実的には、肉類を毎日食べている人の方が多いのが現実です。

 

・油

トランス脂肪酸はとってはいけない油です。トランス脂肪酸とはマーガリンやショートニングなど大量生産油に多く含まれている成分です。揚げ物はこのトランス脂肪酸の塊を摂取しています。スナック菓子はもちろん、ファーストフードのほとんどがこのトランス脂肪酸の塊です。トランス脂肪酸を含む油は安価でカリッ、サクッとした食感を出すのが得意な油です。しかしこれは人工的に操作された油であり、腸内環境を著しく悪化させて、命を脅かす油ともいわれています。ですから、油ものは控えたほうがいいでしょう。

 

つまり、高脂肪、高たんぱく、高血糖の食べ物が悪玉菌を異常に繁殖させてしまうのです。普段の食生活を思い出してみましょう。カップラーメンに、ステーキ、ファーストフード、必ず1日に1食は食べてしまうのではないでしょうか。さらに加工された食品というのは、必ず腐りにくくするための、防腐剤が含まれています。その原料には、体にとって悪影響を及ぼす油が多く使用されているのです。

どうしても外食が多い人は、そういった食を見直して、できれば自分で作ってみたり、外食も和食中心としたものに変更していくことがおすすめです。

身近な食品のほとんどが、残念ながら悪玉菌を増加させるエサとなってしまうのです。現代人の多くが便秘に悩む時代になっているというのも納得ができます。

 

 

腸内環境が悪化して悪玉菌が増えているかどうかをチェックしよう!

5c3a9e8966fab29bd3bcc11c674b95ea_m

 

食生活を振り返るだけでも、腸内環境が悪化してそうなのがわかりますが、では実際に自分の腸内環境は悪化しているのかしっかりとチェックしていきましょう。

 

いつもお腹の調子がよくない人

便秘の人やお腹の調子が悪い人は、腸内環境が長期に渡って悪化している可能性がある人です。特に臭いや排便の質などでそれがわかることがあります。腸内を整えることで、便秘やお腹の調子も良くなります。

 

病気にかかりやすい人

免疫力が低く、何度もいろいろな病気にかかってしまう人は、腸内環境も悪化している可能性が考えられます。腸内環境を整えると、免疫力を高めることになるので各種の病気にもかかりにくくなります。

 

肌の調子が改善しにくい人

肌の調子が改善されない人は、腸内環境が悪化している可能性があります。腸内環境が整えば、血液もサラサラになり肌の調子が良くなるのです

 

といった症状が、腸内環境が悪化している可能性があります。さらに、腸内環境が悪化しているかどうかは「便」をしっかりと観察することでわかります。

以下のような便の形状の人は要注意です。

 

  • 便が黒い
  • 便が小さいが、水の底に沈んでいる
  • 便が異常に臭い

 

といった便の特徴の人は腸内環境が悪化している可能性があります。さらに便通が3日以上ない人も、腸内環境が悪化している可能性があります。

 

悪玉菌のエサとなる乱れた食事をやめられないのは悪玉菌のせい!!?

shutterstock_341161919

油っこいもの、甘いもの、高タンパクなものがどうしてもやめられない人がいます。実は、その習慣は悪玉菌が脳を操作しているのかもしれません。というのも、自然界の中には、菌がネズミに寄生して、ネコの方がいい環境である場合は、ネズミがネコに食べられやすいような物質を作ることがわかっています。これは極端な例ですが、実際に悪玉菌が増殖すればするほど、そういった食生活から抜け出せないというのが事実です。また乱れた食生活を送ってきた人が2週間、バランスのとれた食事だけで生活した結果、油っこいもの、甘いもの、高カロリーのものを自然とやめることができたという報告も実際にあります。

悪玉菌が私たち人間を支配しているとはあまり考えたくないのですが、実際にそういったことがないわけではありません。悪玉菌に体の、しかも嗜好を操作されているかもしれません。もしそうだとしても、腸内フローラは2週間で全く別の、良好な腸内環境へと変化させることができます。実際に2週間、しっかりとバランスのとれた食事を心がければ、なかなかやめられない甘いものや油っこいもの、高カロリーなものをやめることができると、腸内細菌の研究者たちも断言しているくらいです。ですから、腸内環境が悪化しているなら、腸内環境を改善する食べ物を積極的に摂取し、腸内環境を改善しましょう。

 

 

まとめ

 

  • 腸内環境の悪化は悪玉菌の異常繁殖が原因
  • 悪玉菌は善玉菌優位の場合では有益な働きをする
  • 悪玉菌が異常繁殖する原因は悪玉菌のエサを豊富に摂取していることにある
  • 悪玉菌のエサは高カロリーで、油っこいもの、そして砂糖をたくさん含んだもの

\ SNSでシェアしよう! /

注目記事を受け取ろう

398221

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介

編集長

編集長

この人が書いた記事

  • chou (7)

    新発想!腸に注目した最新の妊活用善玉菌育菌サプリ スルーラがすごい!

  • 腸内環境と不妊症の関係とは?妊娠しやすい体を作る腸活入門

  • food (9)

    酵素ドリンクが腸にいい5つの理由

  • NO IMAGE

    ケフィアとは?ヨーグルトとは違うの??

関連記事

  • shutterstock_138667103

    クローン病の基本。クローン病の診断と治療法とは?

  • 190182

    「プロバイオティクス」と「プレバイオティクス」とは?

  • 納豆菌の基礎知識と腸内環境を改善する役割まとめ

  • 難消化性デキストリンの副作用、危険性は?正しい飲み方と摂取量を守ろう!

  • 67d4093c742d4709e6d6eb5f262876fe_m

    絶対にやってはいけないコーヒー浣腸(コーヒーエネマ)で腸内清掃

  • ヨーグルトは腸内フローラを刺激する!?ヨーグルトが腸にいい理由!