1. TOP
  2. 菌活とは?腸内環境を整える菌活を始めよう!

菌活とは?腸内環境を整える菌活を始めよう!

2016/06/01 菌活
この記事は約 8 分で読めます。
9191db334d4e47a97a16015926549034_m

最近では、婚活に、妊活にさまざまな活動に活がつけられて流行していますが、その中でも多くの女性が注目しているのが、「菌活」です。これは積極的に体内に菌を取り入れようという活動のことです。といっても、具体的に菌活といってもどのようにすればいいのでしょうか。また、菌活を行うことによって、どんなメリットがあるのでしょうか。

そんな具体的な菌活のやり方から、菌活のメリットまでご紹介していきましょう。

 

菌活のメリットとは???

yoguruto (6)

 

菌活のメリットとは、菌を積極的に摂取することによる「腸内環境」の改善が期待できることです

日本人女性のほとんどが便秘を経験したことがない人はいないくらい、現代の女性の腸内環境は深刻な状態となっています。もちろん、腸内環境の悪化は女性だけではなく、男性にもおおきな問題を引き起こしています。最近話題の過敏性腸炎という病気がありますが、主な原因はストレスとされていますが、この過敏性腸炎の背景には腸内環境の悪化も大きく影響しています。軟便や下痢で大切な仕事前にいつもお腹が痛くなる経験があるという男性の方も多いのではないでしょうか。中には電車に乗るのも不安という方もいらっしゃるくらいです。そんな悩みを解決へと導いてくれるのが、腸内環境の改善であり、「菌活」というわけです。

菌活のメリットは腸内環境を改善し、お通じをよくするだけでなく、免疫力の向上も期待できます。というのも最近の研究で、腸はただの排泄器官ではなく、免疫システムにも大きく関与していることがわかってきています。さらには、よく同じものを食べていても、どんどん太っていく方と、全然太らないという方がいますが、これは体質の問題ではなく、脂肪を燃やしてくれる腸内細菌が体内にいるかどうかが大きく関係しているのです。

他にも糖尿病のリスクを軽減させる腸内細菌が体内にいれば、糖尿病の発症を抑えたり予防できる効果も腸内細菌にはあるということが最新の研究で報告されています。

菌活をして、腸内環境を改善していけば、つらい便秘や下痢といった症状を改善できるだけでなく、風邪を引ききにくくなり、免疫力が向上し、しかも、ダイエット効果も期待できるというメリットがあるのです。

また、しっかりとお通じを改善していけば、腸内の有毒なガスを発生させることもできるので、有毒ガスが体内に取り込まれることがないので、吹き出物やニキビで悩まされている人の肌質改善というメリットもあります。

そんな菌活にはこのようにたくさんのメリットがあるのです。 

 

菌活は具体的にはどうやって始めればいいの?

 

菌活はもう今日からでもスタートしましょう。菌活は早ければ早いほどいいでしょう。

菌活の具体的な活動というのは、おもに「発酵食品」を摂取することが基本です。発酵食品といってもどのような食品を摂取すればいいのでしょうか。発酵食品といっても、日本は発酵食品大国と呼ばれるほど、たくさんの発酵食品があります。

例えば、味噌、納豆、麹、ヨーグルトなどがとても代表的です。そんな発酵食品を毎日摂取することが、菌活を始めることになります。そんな菌活におすすめな食品や食材、また菌をただ摂取するだけではなく、菌をしっかりと腸で活動させるための食品もしっかりとご紹介していきます。

 

ヨーグルトは菌活にはおすすめ!

 

毎日気軽に食べられる食品といえば、ヨーグルトではないでしょうか。ヨーグルトには、乳酸菌を代表とする善玉菌が含まれています。ヨーグルトに含まれる乳酸菌は実はすべて同じ種類の乳酸菌ではありません。というのも、販売している会社によって乳酸菌の種類が異なるからです。最近では、体を強くする乳酸菌!と宣伝しているヨーグルトもあれば、お腹の調子を整える乳酸菌を含むヨーグルトなど実はさまざまな種類があります。ですが、菌活はまずは菌を摂取することが大切なのです。つまり、どんな種類であっても乳酸菌という善玉菌を積極的に取り入れることが大切なのです。ですから、種類はなんでもいいというのが菌活のいいところなのです。

ですが、やはりまずは自分の1番ほしいメリットを享受できるヨーグルトを選ぶことがおすすめです。

ダイエットをメインに考えるなら、ダイエット効果の期待できる乳酸菌を含んだヨーグルトがおすすめですし、お通じを改善したいなら、お通じを改善効果の期待できるヨーグルトを積極的に選ぶようにしましょう。ヨーグルトは特にコンビニやスーパーでどこにでも売っているので、ついつい偏りがちな食生活を送っている方でも、昼休みのコンビニ弁当にヨーグルトを一品添えるだけでも、十分に善玉菌を摂取できます。また、最近ではたくさんの種類の乳酸菌飲料も販売されているので、忙しくてご飯を食べる暇がない方でも、乳酸菌飲料なら気軽に摂取することができるので、そういったことからスタートするのがおすすめです。

 

万能食品!味噌は積極的に摂取しよう!

84d4c31043840fc7e16419b7d9d9eea6_m

 

かつては毎日のように味噌汁を飲んでいた日本人ですが、最近では毎日味噌汁を飲むという習慣はなくなってきているのではないでしょうか。そんな味噌ですが、実は先ほど紹介したヨーグルトよりも善玉菌を豊富に含んでいるのです。

味噌は大豆を発酵させて作られる発酵食品です。そのため、良質なたんぱく質はもちろん、発酵の過程が複雑なため、たくさんの善玉菌を含んでいるのです。ヨーグルトももちろん、菌を摂取するにはいいのですが、ヨーグルトに含まれる菌は多くても2~3種類であり、味噌はその倍以上の善玉菌を含んでいます。したがって、味噌を積極的に摂取するほうが菌活には効率がいいとされています

また、味噌の代表的な調理法である味噌汁は、最強の栄養ドリンクと呼ばれるほど、腸にいい食べ物です。発酵食品の味噌を含むのはもちろん、代表的な豆腐やワカメといった食品は腸に存在する善玉菌にとっていいエサとなるのです。たとえば、肉や油を多く含む食品では悪玉菌のエサとなり、硫化水素といった有害なガスを発生させますが、味噌汁に含まれる豆腐やワカメといった食品は、善玉菌を活発にさせる効果もあるのです。菌活をするなら、できれば毎日、味噌汁を飲んでもらうと、腸内環境を良好に導くことができます。

ただし、味噌汁には気をつけなくてはいけないポイントがあります。味噌汁は市販の味噌を使った、手作りの味噌汁がいいのです。レトルトではなく、手作りというのがポイントです。レトルトの味噌には、残念ながら善玉菌を含んでいないものが多く、せっかく毎日味噌汁を食べても意味がほとんどありません。ですが、手作りのお味噌汁は、しっかりと味噌の善玉菌が含まれているので、腸内環境を改善する効果が期待できます。毎日は難しいかもしれませんが、1週間に2,3回は手作りのお味噌汁を食べることをおすすめします。女性は最近では手作りスープをお弁当にもっていくという人も増えているので、できれば手作りのお弁当には、手作りのお味噌汁も一緒に添えてもらうといいでしょう。菌活には、味噌はかかせない食品です

 

毎日でも食べてほしい!納豆

f7ee23133697b335de5e3224bf6983b4_m

 

菌活に欠かせない食品として、代表的なものに「納豆」があります。納豆が苦手という人もいるかもしれませんが、納豆は日本が誇る最強の発酵食品です。あの畑の肉とよばれる大豆をしっかりと発酵させることによって、良質なたんぱく質と、納豆菌という善玉菌もしっかりと体内にとりこむことができるのです

また、納豆は藁に包まれて発酵させるので、土壌菌という菌が一緒に含まれています。この土壌菌は、日和見菌といって、この日和見菌もまた、腸内環境の改善にはかかせない菌です。腸内には、善玉菌と悪玉菌以外のどちらでもない日和見菌という菌が存在します。この日和見菌は善玉菌が優位な場合は善玉菌に、悪玉菌が優位なときは悪玉菌に加勢するどっちつかずの菌です。そんな日和見菌が作る有益な物質もあるので、善玉菌を優位にして、日和見菌も一緒に働いてもらうことが大切なのですが、この日和見菌もしっかりと摂取できるのが、納豆なのです。

もちろん朝食だけでなく、夕飯にも食べてほしい食品です。いつもの夕飯に添えるだけなので、ぜひ納豆を積極的に取り入れていきましょう。 

関連:腸内細菌まとめ|善玉菌、悪玉菌、日和見菌がわかる菌活入門!

 

菌活は発酵食品だけではない!きのこも注目されている!!

b67596dff529e6290bcb875c2aae519d_m

 

菌活でも発酵食品ばかりをご紹介してきましたが、菌活はそれだけではありません。菌そのものでできている、きのこを積極的に食べることも「菌活」です

そもそもきのこは、きのこそのものが菌でできているので、「菌活」の最大の食材として注目されています。 きのこには、免疫力アップのほか、肌荒れ防止に役立つビタミンB群を豊富に含んでいます。さらにきのこには、食物繊維も豊富な上に、低カロリーなので、ダイエットにもぴったりといいことづくしの食材なのです

さらに腸内細菌というのは、活性酸素という物質に非常に弱いのです。どうしても偏りがちの食生活では活性酸素が増えてしまったりします。さらにこの活性酸素というのは紫外線を浴びたり、ストレスによっても発生します。活性酸素が増えれば増えるほど、腸内フローラの菌がどんどん減少していきます。そこで、この活性酸素を除去する成分を多く含むのがきのこなのです。

きのこには、βグルカンという抗酸化物質を豊富に含みます。ただしこの抗酸化物質は水溶性ですので、水に溶けてしまいます。そこでおすすめな食べ方が、先ほどご紹介した味噌汁です。味噌汁にきのこを入れれば、お汁に抗酸化物質がしっかりと溶けだし、それを飲むだけで、活性酸素を除去することができます。

たくさんの種類のきのこがありますが、特におすすめはシイタケです。シイタケはとりわけ免疫機能をアップさせる効果が高いため、風邪を引いているときにおすすめです。そんなきのこを積極的に摂取して、腸内環境を改善させましょう。

関連:腸内環境を整える!腸に良い食べ物13選!

 

菌活は今日からでも始められます。

大切なのは毎日続けることです。

ぜひ毎日続けて腸内環境を改善させましょう。

\ SNSでシェアしよう! /

注目記事を受け取ろう

9191db334d4e47a97a16015926549034_m

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介

編集長

編集長

この人が書いた記事

  • chou (7)

    新発想!腸に注目した最新の妊活用善玉菌育菌サプリ スルーラがすごい!

  • 腸内環境と不妊症の関係とは?妊娠しやすい体を作る腸活入門

  • food (9)

    酵素ドリンクが腸にいい5つの理由

  • NO IMAGE

    ケフィアとは?ヨーグルトとは違うの??

関連記事

  • hisamitsu

    久光製薬の乳酸菌(EC-12)サプリメントが人気!フェカリス菌が腸内のビフィズス菌の増加をサポート!!

  • 299f877640d837fbdf630f0c85f5fca7_m

    腸内細菌まとめ|善玉菌、悪玉菌、日和見菌がわかる菌活入門!

  • rabure

    カゴメ㈱の乳酸菌サプリ「ラブレ」の特徴・評判まとめ

  • 154806_xl

    フジッコ㈱の乳酸菌サプリメント「善玉菌のチカラ」の口コミ・評判まとめ

  • chou (13)

    除菌のしすぎは体によくない!!菌活、腸活の基本

  • NO IMAGE

    ケフィアとは?ヨーグルトとは違うの??