1. TOP
  2. トイレ後の匂いが気になる方必見。大便・うんこが臭い原因とその改善方法

トイレ後の匂いが気になる方必見。大便・うんこが臭い原因とその改善方法

2016/05/13 健康
この記事は約 5 分で読めます。

うんこの匂いが臭すぎて、自分の後にトイレを使う人に嫌な思いをさせてないか心配・・・という悩みを持っている方は少なくありません。

外出時でも、消臭力やファブリーズなどの消臭スプレーが備え付けてあるトイレならまだ良いですが、そこまで配慮してくれる施設ばかりではありません。私はこのような便の匂いの悩みを聞くケースが多いので、特に飲食店では絶対に消臭スプレーを備え付けておいた方が良いのになぁといつも思っています。知人のお店には消臭スプレーを置く気配りをするようアドバイスしています。

さて、話がそれてしまいましたが、便は本来はそこまで臭すぎることはありません。便の匂いが臭すぎるという場合、腸内環境が乱れている可能性が高いです。便は体の状態を正直に表してくれるので、健康かどうかを便の状態によって判断することができます。うんこが臭いとトイレが臭くなって恥ずかしいだけではなく、体調不良の黄色信号でもありますので、大便の匂いや状態を観察する癖をつけるようにしましょう。

この記事では大便が臭くなってしまう原因とその改善方法をまとめたいと思います。

b9fada6d7641ba331dd74ca9aa36b8fc_m

健康な腸内環境の大便ってどういう感じ?

健康な時の便であっても多少の匂いはしますが、臭すぎるということはありません。まずは健康な腸の場合のうんこについて特徴をまとめてみましょう。

■健康な時の大便

色:黄色~茶色、黄土色が正常な色です。黒くなってくると要注意です。
固さ:ほどよい柔らかさが理想です。
形:スルッと出るとバナナの形になり、これが理想形です。
重さ:1回で150g~200gが普通。バナナ1本か多くて2本くらいの量です。
匂い:健康な時の大便はそれほど臭い匂いがしません。
頻度:理想は毎日だが、3日に1回程度でもOK

頻度については、理想は毎日ですが3日に1回や週に2~3回でも、不快感や便秘感が無ければ問題ないとされています。頻度よりも残便感が残ったり不快感を感じてしまっている「実感値」で考えることが重要です。

■不健康な時の大便

色:黒目の茶色。黒褐色
固さ:固くて便が出にくい場合も。または逆に水分が多すぎて下痢っぽい。
重さ:少ない。
匂い:臭い。幼児の便は消化が不十分だったりビフィズス菌が多かったりで臭い場合が多い。
頻度:

うんこの色は、食べたものの色ではなく、肝臓で生成される胆汁の色です。肝臓が正確に作動し、便もスムーズに排泄されればき褐色となりますが、肝臓の働きが悪かったり便秘気味で腸に残っている時間が多かったりすると色が黒っぽくなるわけです。

9f7e76653848ece203ebcd0934be67a2_m

便の正体と匂いの原因

大便のほとんどは水分で、その水分を除いたうち半分は食べ物が消化されたカスですが、実はもう半分は腸内細菌の死がいや腸の壁がはがれたもの(老化した腸内細胞)などです。腸内細菌の死がいや細胞のはがれた後はあまり匂いがしませんし、食べ物のカスも正しく消化された場合は臭いにおいを発しません。

匂いの原因

では、なぜ大便が臭い匂いを発してしまうのかというと、その原因は悪玉菌が生成する「腐敗物質・有害物質」です。腸内環境が乱れていて悪玉菌が多い状態だと、食べ物が正しく消化されなかったり、消化されたカスが便として排出せずに腸内に留まってしまうことがあります。イメージで言うと「生ごみ」が腸の中に残されたままの状態です。

なぜ、腸内環境が乱れるのかというと、食習慣とストレスが大きな原因です。消化に良いものを食べ、暴飲暴食を避ける、水分を取るなど食習慣を変え、ストレスをためないようにリラックスしたり適度な運動を心がけることで腸内環境は改善していきます。

>>腸内環境が乱れる原因についてはこちら

腸内環境を改善すること=善玉菌の割合を増やしていくことで、うんこの臭い匂いを抑えることにつながるのです。

その他の便の悩み

血がついてたら?

便が固すぎる場合や肛門の動きがスムーズにいかなかった場合に、肛門の出口の部分が切れて血が出てしまう場合があります。この場合は一番最後の便に血が付いただけなので明るい鮮明な血の色です。何度も繰り返されるようでなければ一時的なものですのであまり気にする必要はありません。

問題なのは、色が黒くなりかけた血液が便についていて、それが繰り返される場合です。血液が黒く酸化してしまっているのは腸の内部で出血が見られる可能性が高いことを示しています。正常な腸内環境の場合は、腸の内部で出血が起こることはほとんどありません。腸内で出血する場合とは、腸の中に潰瘍やポリープ、炎症やがんの可能性がありますので、病院で検査してもらった方が良いでしょう。

便秘と下痢を繰り返すのなら

便秘と下痢を繰り返してしまう場合は、自律神経のコントロールがうまくいかず消化の機能が乱れていることが考えられます。ストレスなど精神的な負担も考えられますのでリラックスした休息期間が必要かもしれません。
また下痢をしているからと言って下剤を飲むことはおすすめできません。なぜなら下痢の原因としてばい菌が多く含まれた便であるかもしれないからです。下痢を無理やり下剤で止めるのではなく、下剤と便秘の両方に効く整腸剤もありますので病院で処方してもらうと良いでしょう。

■健康な時のおなら
通常は1日に10回~20回ほどおならは出ます。匂いも臭すぎる、ということはありません。

\ SNSでシェアしよう! /

注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介

編集長

編集長

この人が書いた記事

  • アレルギーに効く?カルピスのアレルケアL-92乳酸菌を徹底解剖!

  • 乳酸菌入りお菓子まとめ|乳酸菌ショコラ・ビフィズス菌チョコ最新情報♪

  • 4月22日(土)『関ジャニ∞のジャニ勉』(フジテレビ)腸もみマッサージまとめ

  • 市販のヨーグルトおすすめは?R-1、ビヒダス、LG21など徹底解説!

関連記事

  • 腸の老化で出てくる症状5選!いつまでも健康に美しく過ごすには。

  • 健康に生きる!!健康寿命を延ばすには理想の腸内フローラを手に入れよう!!

  • 腸内細菌はがんを防ぐ!!?食生活をこころがけることで、がんを予防しよう

  • 腸と免疫力の関係。善玉菌を増やして、免疫細胞を活性化させよう!

  • 腸内環境と今話題の未病の関係性とは???

  • 腸内細菌はなんと!脳に話しかけて、うつ症状を改善させる!!?