1. TOP
  2. 腸の老化で出てくる症状5選!いつまでも健康に美しく過ごすには。

腸の老化で出てくる症状5選!いつまでも健康に美しく過ごすには。

2016/05/09 健康
この記事は約 8 分で読めます。
348e43a2530f312d373771c418c0b8f4_m

腸の健康度を示す言葉に「腸年齢」という言葉があります。腸活が最近話題となっている今では、聞いたことがあるという方も多いかもしれません。腸年齢というのは、腸内環境の指標である腸内フローラが活性化かどうかを示しています。腸内フローラが活発な人は、年齢が70歳なかには80歳を過ぎていてもいつまでも元気で若々しい方もいらっしゃれば、まだ20代なのに、顔色が悪く、便秘や軟便、下痢に悩んでいる若い方もいます。このように腸年齢が若ければ、いつまでも健康に美しく過ごすことができますが、現代の多くの人は、腸年齢が老け込んでいるのが現実です。そんな腸の老化がすでに20代からスタートしています。

腸の老化によってさまざまな症状がでてきますが、代表的なものを5つ厳選してご紹介していきましょう。さらに腸年齢を若返させる方法もご紹介していきます。

腸の老化はもう始まっている!!?腸の老化で出てくる症状5選

190192

便秘

便秘の症状はひとそれぞれではありますが、健康な人は毎日便を出しています。しかし、現代人のほとんどは、毎日便がでている人の方が少なく、毎日便がでている人の方が珍しいというくらいではないでしょうか。中には週に1度は便が出ているので、大丈夫だという人がいますが、それは完全に便秘という病気になっています。便秘の一番の問題は、便が排出できないことです。人が魚やお肉を食べると、腸へ運ばれ、栄養を吸収されます。

しかし、腸内は37度で維持されているため、どんどん発酵が進みます。そして善玉菌に発酵されればいいのですが、悪玉菌によって腐敗されてしまうと、腸内に腐ってしまった食べ物がたまるようになります。善玉菌によって発酵されて、外に排出されれば、問題ないですが、そのまま1週間近くも腸内にとどまってしまうと、いつまでも腸の中には腐ったものがある状態が続きます。さすがにそれは体にとってよくないことが理解できるかと思います。そして、腐敗が進み、どんどん便秘が悪化します。便秘が腸の老化の症状、つまり腸内フローラがよくない環境にある証拠の1つです。 

 

肌荒れ

2つ目は肌荒れです。あまりご飯を食べていないにも関わらず、なぜかいつも顔が吹き出物やニキビだらけで、スキンケアを一生懸命しているのに効果が全く表れないと悩む方が多いです。この肌荒れは女性だけでなく、男性にも悩んでいる人が多いです。その肌荒れの原因もまた、乱れた食生活が引き起こす腸の老化現象の1つです。腸が老化すると、いらない不要な物質を排出する働きが悪くなります。また、悪玉菌が腸内で優勢となり、善玉菌が劣勢になっています。すると、悪玉菌はどんどん腸内でアンモニアや硫化水素などの有害な物質を発生させます。そして、それは血管を通じて、体に吸収します。そして、肌にその有害物質が、肌を酸化させてしまいます。本来であれば酸化した物質は排出されるのですが、されないと、体に再吸収されて、肌荒れという体にとってよくない作用を引き起こします。

やっかいなことに腸内環境が悪化しているので、外から美容液を与えても一時的な解決にしかならず、根本的な解決にはなりません。悪玉菌が異常繁殖して有害物質が発生している腸は老化が進行し、肌からも有害物質を出そうとし、肌荒れが起きてしまうのです。なかなか改善されない肌荒れもまた、腸の老化をあらわす兆候の1つです。

 

シワ

シワと腸の老化がなんで関係あるの?と疑問に思う方もいらっしゃるかと思います。最新の研究によって、肌のハリと腸内環境が密接に関係していることが判明しています。というのも、腸内細菌の中には、大豆の中に含まれるイソフラボンを分解して、スーパーイソフラボンともいえる「エクリオール」という物質を産生できる細菌がいます。このエクリオールという物質を摂取した中高年の女性は、摂取できていない同年代の女性を比較して、肌のハリが全く違うことがわかっています。さらに摂取できていない人は、エクリオールという物質を作ることができる腸内細菌をサプリメントで摂取すると、その摂取した日から、肌のハリに変化が現れ、シワを改善していくことが確認されています。

エクリオールという物質を作れる腸内細菌は残念ながら日本人の2人に1人しかいないそうです。しかし、せっかくこの素晴らしい菌をもっていても、乱れた食生活ではエクリオールという物質を作ることができません。というのも、このエクリオールという物質をつくることができる腸内細菌のエサは大豆製品だからです。昔は、味噌に納豆に、お豆腐、お醤油と大豆を発酵させた食品をたくさん摂取してきたのが日本人です。しかし、食生活が変化し、脂っぽいものや甘いものばかりを食べるようになると、せっかくエクリオールという物質が作れる菌も、活動できなくなり、やがては、腸内からいなくなってしまいます。これが腸の老化と非常に関係あるのです。ですから、肌のハリは加齢による原因ももちろんありますが、実は、腸の老化も密接に関係しているのです。

 

おなかのはり

おなかがはって気持ち悪いといつも悩んでいる方がいます。おなかのハリも、腸内フローラが乱れ、悪玉菌が異常繁殖していることが原因です。おなかのハリの一番の原因は悪玉菌が発生させる「有害なガス」です。アンモニアや硫化水素といった物質はいわゆる食べ物が腐ったときに発生するガスです。この有害なガスが大量に発生することによって、おなかがいつもはっていて、気持ちが悪いという状態をつくります。

健康な人の腸、つまり腸年齢が若い人は、善玉菌が活発に活動し、悪玉菌の活動を抑えてくれます。ですから、腸内で物が腐ることもなく、有害なガスが発生することもありません。さらに悪玉菌の活動が活発な腸内では、どんどん有害なガスが発生しているので、外に出せない分は、体内に吸収するしかなくなります。そうなると、さらに有害なガスが巡りめぐってきます。体は比較的細いのに、おなかだけポッコリしている方が多いですが、ポッコリおなかもまた腸の老化によって悪玉菌が大量に発生し、腸内環境が悪化している兆候の1つです。

 

体調不良

とくに熱があるわけでも、風邪の症状があるわけでもないのに、体調が悪いときが続くようであれば、腸内環境が悪化し、腸年齢が老化している可能性があります

体調が悪くなる原因としてまず挙げられるのが、先ほどから説明している、悪玉菌が異常繁殖することによって発生する、有害なガスのせいです。血液を通して体内に吸収されます。この有害なガスがアンモニアや硫化水素ですから、当然体内の組織にとっては害しかありません。細胞を酸化させたり、ガン化させてしまうこともあります。

さらに、腸年齢が若い人は、免疫力が強いです。免疫力と腸内環境もまた、密接な関係があります。最近の研究によって腸内細菌が、免疫を制御する細胞に大きな影響を与えていることがわかりました。つまり腸内環境が良好な人は、腸内細菌によって、免疫をコントロールできているのに対し、腸が老化し、玉菌が異常繁殖してしまった腸内環境の方は、免疫システムが暴走し、コントロールができない状態に陥っています。そして、体のいたるところに炎症が発生し、体の不調として表れてきます。しっかりとご飯を食べて、寝ているつもりでも、腸が老化することによって、体調不良として、症状が出ている可能性があります。

 

腸の老化を防ぐのに大切なこと!

190193

 

腸の老化を実感している人は今すぐにでも腸内環境を改善して、腸の老化から現れる症状をいちはやくなんとかしたいですよね。そんな腸の老化はいつからでも、何歳からでも改善することができます。しかもどんなに時間がかかっても、2週間で改善へと導くことができます。

まず一番大切なことは、「野菜中心の食生活」へ改善することです。

腸内環境の改善には生野菜や生のフルーツを摂取することが欠かせません。善玉菌をたくさん乳酸菌飲料やサプリメントで補充しても、善玉菌が活発に働いてくれなくてはいけません。善玉菌が活発に働くためには、善玉菌が吸収できるエサが必要となります。善玉菌のエサとは、つまり、食物繊維です。善玉菌は食物繊維しか吸収できないので、せっかくサプリメントや乳酸菌飲料善玉菌を摂取しても、エサがないと、活発に働くことができないのです。

ですから、食物繊維を多く含むキャベツやごぼうをしっかりとよく噛んで摂取することで、腸内の善玉菌がエサを吸収しやすくなり、腸内での善玉菌の働きが活発化し、腸年齢が若返ります。

 

さらに腸の若返りをするなら、味噌汁がおすすめ!

84d4c31043840fc7e16419b7d9d9eea6_m

 

多くのメディアでも紹介されている発酵食品といえば、やはりヨーグルトです。ヨーグルトは確かに乳酸菌を体内に摂取することができますが、実はヨーグルトに含まれる善玉菌の種類はとても少ないのです。

発酵食品というのは、1つの発酵食品でも、たくさんの善玉菌が含まれているものの方が、腸内フローラを活発化させるにはいいとされています。ヨーグルトももちろん、善玉菌を摂取できますが、味噌にはそれ以上の種類の善玉菌が含まれています。日本の発酵食品はこのように1つの発酵食品に、たくさんの善玉菌が含まれているという世界でもあまりない発酵食品の宝庫なのです。さらに味噌だけではありません。納豆もまた、納豆菌以外にもたくさんの善玉菌が含まれています。さらに大豆を原料とした発酵食品というのは、お肌を若返らせるエクリオールという物質を作りやすく、腸内環境に改善したり、さらにダイエットに効果のある物質も作り出したりといいことづくめなのです。発酵食品の中でも、特に大豆製品を原料とした発酵食品は腸内フローラを活性化し、腸年齢を若返らせてくれます。

関連:腸内細菌まとめ|善玉菌、悪玉菌、日和見菌がわかる菌活入門!

 

腸が老けて、老化現象がでてきたら、まずは、野菜中心の生活にして、発酵食品をしっかりと摂取しましょう。そうすれば、腸はいつからでも若返らせることできますよ。

\ SNSでシェアしよう! /

注目記事を受け取ろう

348e43a2530f312d373771c418c0b8f4_m

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介

編集長

編集長

この人が書いた記事

  • chou (7)

    新発想!腸に注目した最新の妊活用善玉菌育菌サプリ スルーラがすごい!

  • 腸内環境と不妊症の関係とは?妊娠しやすい体を作る腸活入門

  • food (9)

    酵素ドリンクが腸にいい5つの理由

  • NO IMAGE

    ケフィアとは?ヨーグルトとは違うの??

関連記事

  • a3d5d7c170fc08492cd3430bc18ff2e9_m

    腸と免疫力の関係。善玉菌を増やして、免疫細胞を活性化させよう!

  • 4a2c980501f0cb70723afed63fe27210_m

    腸と軟便・下痢の関係とは。腸内環境の悪化が原因かも。

  • 06fdc068c46d987f04f4ee7670a52b6e_m

    なかなか気づかないけど、本当は怖い「腸漏れ(リーキーガット・シントローム:LGS)」とは?

  • chou (13)

    たばこは腸内環境を悪化させている!

  • chou (19)

    健康に生きる!!健康寿命を延ばすには理想の腸内フローラを手に入れよう!!

  • 6a34c312aaf67411649b00c5a0f035e7_m

    トイレ後の匂いが気になる方必見。大便・うんこが臭い原因とその改善方法