1. TOP
  2. 健康・美容のために必ず知っておくべき「腸内フローラ」入門

健康・美容のために必ず知っておくべき「腸内フローラ」入門

2016/04/04 知識
この記事は約 8 分で読めます。
hanabatake2

近年の研究で、健康や美容のために「腸」の働きが非常に注目されています。その働きの要ともいえるのが「腸内フローラ」と呼ばれるものです。

なんとなく、腸内フローラという言葉聞いたことがあるけど、よく知らない、腸って本当に健康と美容に関係あるの?と疑問に感じている方のために、また、健康になりたい!きれいになりたい!という方のために、「腸内フローラ」について、基本的な知識についてご紹介していきましょう。

 

腸内フローラとは?腸が変われば、あなたは変わる!

663b5e13e4eaf317920b3a628039f60e_m

 

そもそも「腸内フローラ」とは何なのでしょうか。腸の働きとどのように関係あるのか、ましてや、健康と美容にどのような関係があるのか、気になりますよね。腸内フローラとは「お花畑」に近い意味合いを持ちます。腸内のお花畑?どういうことでしょうか。

まず、私たち人間の腸の中には、たくさんの細菌が住み着いています。たくさんといっても具体的にはどのくらいの細菌が腸の中に住み着いているのかというと、その数はなんと100兆以上と言われています。全く想像できるレベルを超えた数の細菌が私たちの腸内には住み着いているということです。私たちの地球には70億人の人間が住んでいるわけですから、その1万倍以上もの細菌たちが、私たち一人ひとりのお腹の中に暮らしているのです。また、人間がもっている遺伝子の数は2万数千個と言われています。腸内の細菌がもっている遺伝子はその100倍にもなることがわかっています。

このように私たちの腸内にはたくさんの細菌が住み着いているわけですが、こうした腸内細菌は、私たち人間が食べたご飯をエサにして、生活しています。腸内細菌は互いにこのエサを競いあい、助け合いながら、生きています。相互協力とも言いますがこのような細菌たちの関係を「生態系」と呼びます。腸内細菌は生態系をつくって、生活しています。

そう、この腸内細菌の生態系のことを「腸内フローラ」と呼びます。一番始めに腸内フローラは「お花畑」のようなものと説明しましたが、これは、個性豊かな腸内細菌たちが、腸の中で、花のように咲き乱れている、その全体を指すときに「腸内フローラ」と呼ぶからです。この腸内フローラは個人個人違います。食べているものや、もともと生まれた時から受け継いでいる腸内細菌など、人の個性と同じように、腸内フローラ、細菌の構成もまた個性にあふれています。

achounaif

この腸内フローラが体に優しい、つまり健康にも美容にもいい働きをしているようであれば問題ありません。残念ながら、体にとって悪影響を与えてしまう、不良の腸内フローラをもっている方もいます。そんな腸内フローラでも、健康や美容にとっていい腸内フローラに変われば、あなたの健康は大きく変わります。

 

腸内フローラの効果は絶大!医療の現場からわかったこと

448fe9d1a0e1771ecd74e23c283e15e7_m

腸内フローラの細菌たちが、便通をよくしてお腹の調子を整えてくれることは多くの人が昔からご存知かと思います。ヨーグルトや乳酸菌飲料のテレビコマーシャルでもおなじみになっていますし、善玉菌・悪玉菌という言葉もどこかで聞いたことがあると思います。

ところが、腸内環境を整えるメリットは、「お腹の調子を整える」だけではないことが、最近の研究でわかってきています。腸内フローラは、「全身」の健康と美容、日々の暮らしに大きく関わっていることがわかってきたのです。腸内細菌はいわば、「私たちが人生を楽しく会長に生きるために欠かせない最も重要なパートナー」ということです。家族や友人と同じくらい大切にすべきものであり、体の中にいる「もう一人の私」でもあります。そんな大げさな…と思ったあなた!本当のことを知れば、常識をくつがえされます!

 

腸内フローラはいろんなテレビやメディアを通じて話題となっていますが、実は毎日のように身近に感じられる場所があります。

それは「トイレ」です。

水分を除いた「うんち」のなんと3分の1は腸内細菌でできています。ちなみに残りの3分の2は食べかすと腸の壁がはがれてできたものです。

腸内細菌はお腹の中に常に~2キログラムも住んでいて、毎日増殖しているのです。そして増えた分は、うんちとして出ていきます。つまりうんちは腸内フローラの一部というわけです。腸内にそんなたくさんの細菌が住んでいることはわかったけど、それがどうなの?と思った方もいるかもしれません。この「うんち」についてですが、健康な腸内フローラを持つ方のうんちは、健康な腸内フローラから出来ている、ということです。

そのことがわかったある高名な科学者が、ある実験を行いました。それは、腸内細菌(つまりうんち)を移植しました。その結果、抗生物質が効かない重症の感染症患者さんに、健康な体を持つ方の腸内細菌を移植したところ効果は絶大で、なんと92パーセントも成功したそうです。便微生物移植という治療方法になるそうです。薬ではどうしようもなく、助けることができなかった患者さんも、健康な人の腸内細菌を移植することで、健康に回復していく、これが、腸内フローラのすごさです。

 

腸内フローラを変えれば“やせ”体質になれる???

  5d9d5388e0b3965340134a789519ee89_m

よく水しか飲んでないのに太る…とかすごく食べてるのに全然太らないあの人がうらやましい!という会話をしませんか。このように「肥満体質」という言葉をよく私たちは使います。同じ量、同じ物を食べているはずなのに、人によって太りやすさが違うことは誰もが実感しているのではないでしょうか。

肥満体質の違いは?と聞くと、腸の吸収効率が違うのではないか、とか基礎代謝が違うといった理由をよく耳にします。遺伝かな?と考える方もいらっしゃるでしょう。

ところが、世界的な科学雑誌「サイエンス」にて、2013年9月、腸内フローラの乱れが肥満体質の原因となる」という衝撃的な事実が掲載されました。

じつは、前から、太っている人と痩せている人は腸内フローラが異なるということは、たびたび発表されてきたのですが、この研究によって腸内フローラが肥満の原因になることが証明されました。詳細はまた後述しますが、痩せている人には肥満を防ぐ腸内細菌が存在します。腸内細菌たちは、腸の中でそれぞれの役割、仕事をしています。痩せている人の腸内フローラでは、脂肪が過剰に貯まるのを防ぐ物質を作っているため、太ることがないのです。このように腸内フローラには、健康はもちろん、美容にとっても大切なダイエットに大きく関係するのです。

 

糖尿病も予防できる!?腸内フローラに効く薬が開発中!

bcfc4516a03f27fd08c549a4f1d72b29_m

さきほどの腸内フローラが「痩せ体質」に関係している、と述べましたが、美容面のみならず健康・医療の場でも注目されつつあります。それが、糖尿病治療という分野です。

糖尿病(生活習慣病が原因となる2型糖尿病)は血糖値のコントロールがうまくできないため、次第に全身の血管が傷んでしまう病気です。特に細い血管をたくさん持つ腎臓はダメージを受けやすく、老廃物を排出できなくなり、重度の糖尿病になると、人工透析が必要となります。

健康診断で特にひっかかったことがないから、大丈夫と思っている方もたくさんいますが、初期の糖尿病は一般的な健康診断では発見できないケースが多いのです。厚生省が2012年に発表した「国民栄養調査」によれば糖尿病とその予備軍は2050万人、なんと日本人の6人に1人にのぼります。

この国民病とも呼べる糖尿病を予防するためにも、腸内フローラが大切だと言われ始めています。簡単に説明すると、痩せている人に存在する腸内細菌が作る、「脂肪が過剰に貯まるのを防ぐ物質」は、体内のインクレチンというホルモンを分泌させる力があります。そしてこのインクレチンというホルモンはすい臓に働きかけ、インスリンの分泌を活発にします。実際に現在、インクレチンは糖尿病治療薬として使われています。このような効果が実際に認められています。このように腸の働きは、糖尿病を予防するなどの健康にも大きく関わってきます。

 

腸内細菌が作るエクオールがお肌を若返らせる!!?

02025eb7473750ce48c913534f4356b8_m

今、女性の肌のしわを回復させる物質「エクオール」が注目されています。エクオールを摂取することによって肌のシワが改善することが、研究結果でわかっています。ここで大切なのが、エクオールは腸内細菌が作ります。その原料というのが「大豆」で、その中に含まれる「イソフラボン」なのです。いわば、エクオールは「スーパーイソフラボン」といっても過言ではありません。ただし、単にイソフラボンを摂取するだけでは意味がありません。なぜなら、イソフラボンをエクオールに変えることができる腸内細菌を持つ人は日本人の2人に1人の割合しかいないからです。

そこで、ある実験によって、全ての人がエクオールのメリットを享受できないか、調査が行われました。その結果ではこのエクオールに変える腸内細菌を持っていない人にサプリメントによって大豆製品をしっかりと摂取するように指導したところ、腸内にこのエクオールを作る腸内細菌が住み始め、お肌のしわが回復していったとの結果がでています。さらにすごいことに、エクオールを作る菌が配合されたサプリメントを摂取した方はシワが改善しただけでなく、ほてりや、肩こりなどの更年期症状や骨密度の低下を軽減することがわかりました。なんと更年期の症状を改善することも証明されています。

サプリメントも大切ですが、まずシワが気になる場合、大豆製品が食生活で足りていないと感じているのであれば、大豆を意識して摂取するようにしましょう。その結果、エクオールの原料が増え、エサが増えるのでエクオールを作る菌も次第に増加していくと考えられます。このように、腸内細菌は肌のシワにも効果があることが研究によって明らかになっているのです。

 

まとめ

  • 腸内フローラとは、お花畑のように生息する腸内細菌の生態系のことである。
  • 腸内フローラは、腸内細菌の種類や割合など、人によって大きく異なる。
  • 腸内フローラを改善することで、ダイエット、糖尿病、肌のしわ、など様々な効果を生み出せる。

実は、これらは、腸内フローラが持つ力のうち、ほんの一部の紹介です。腸を綺麗に保てば万病が治る可能性があります。まずは腸の働き・重要性を知り、健康や美容に大きく関係することを学んで、腸の働きを活発にしていきましょう。

\ SNSでシェアしよう! /

注目記事を受け取ろう

hanabatake2

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介

編集長

編集長

この人が書いた記事

  • chou (7)

    新発想!腸に注目した最新の妊活用善玉菌育菌サプリ スルーラがすごい!

  • 腸内環境と不妊症の関係とは?妊娠しやすい体を作る腸活入門

  • food (9)

    酵素ドリンクが腸にいい5つの理由

  • NO IMAGE

    ケフィアとは?ヨーグルトとは違うの??

関連記事

  • chou (12)

    自閉症には腸内細菌が深く関係していた!!?

  • 腸内環境と不妊症の関係とは?妊娠しやすい体を作る腸活入門

  • 酵母菌の基礎知識と腸内環境を改善する役割まとめ

  • yoguruto (6)

    善玉菌の基礎知識と腸内環境を改善する役割まとめ

  • 2fffafc3e2934766947c7b2bde893a7d_m

    ビフィズス菌の基礎知識と腸内環境を改善する役割まとめ

  • chou (13)

    除菌のしすぎは体によくない!!菌活、腸活の基本